すべての方に、まず初めに受けてほしい
“がん”の1次スクリーニング検査
N-NOSE®

たった1滴の尿から
全身のがんリスクを高精度に判定することができたら。

「N-NOSE」の
6つの特長

「N-NOSE」(エヌノーズ)は、嗅覚に優れた線虫が、がんの匂いに引き寄せられることを利用した検査です。 生物の能力を活用したこの新しい検査は、 簡単で痛みがなく、早期がんにも反応することが確かめられています。
がんの心配がないうちから定期的に受けておけば 万が一、がんが見つかっても、早期治療ができるので、 心身の負担・経済的な負担が減らせます。

大切な命を守るために。
「N-NOSE」を受けてみてください。

現在「N-NOSE」が反応するがん種

線虫が反応することが分かっているがん種(2019年9月現在)

胃、大腸、肺、乳、膵臓、肝臓、前立腺、子宮、食道、胆嚢、胆管、腎臓、膀胱、卵巣、口腔・咽頭
→ 15種類のがん

N-NOSE 🄬の検査結果の判断について

N-NOSE 🄬は、これまでの臨床研究をもとに、検査時のがんのリスクを評価するもので、がんを診断する検査ではありません。 そのため、検査で「がんのリスクが検出されなかった方」でもがんに罹患していないとは言い切れませんし、 検査で「がんのリスクが高いと判定された方」でも、必ずしもがんに罹患していることを示すものではありません。 N-NOSE 🄬の検査結果だけに基づき自ら判断することはお控えいただき、検査結果の解釈やその他の必要な検査に関しては、 ご自身の健康状態を踏まえ、医師にご相談されることをお勧めします。