SDGsに対する取り組みについて

HIROTSUバイオサイエンスは、生物の能力を活かした革新的な検査技術を通じて 病気で苦しむ方を一人でも減らし、すべての方が健康で安心した生活を送れるような 明るい未来をつくることを目指しています。

SDGsとは

SDGs(Sustainable Development Goals/持続可能な開発目標)とは、2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された”2030年までに持続可能なよりよい世界を目指す”という国際目標です。

SDGs は17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。当社では、特に以下の2つのテーマに着目し、社会貢献を目指します。今後の活動については公式HPを通してお伝えしてまいります。

当社におけるSDGsの取り組み

最先端の技術による恩恵を世界へ

当社が提供するがんの一次スクリーニング検査「N-NOSE®」は、線虫(C.elegans)という生 物を用いる世界で唯一の検査であり、がんの早期発見を推進します。

N-NOSEは高精度と安価を両立してる点が大きな特⻑です。このため、途上国においても導入が可能であり、世界中の健康と福祉に寄与することができます。

地球環境に負荷がかからない検査

「「N-NOSE®」で使用する線虫C.elegansは、雌雄同体である1匹が受精卵を産むため、遺伝背景が同じ個体を簡単に増やすことができ、正しく継代すれば永続的な使用が可能です。また、検査の際に大きなエネルギーを消費することもありません。

このように、当社は自然の力を活用することで地球に負荷をかけずに効率的かつ安定した検査の供給を行っています。

  • 当社で働く女性の比率は全体の半数を超える52%。女性の役員も採用し、女性の活躍を推進しています。
  • 社内相談窓口や定期的な研修を実施しています。
  • 新卒者の採用や定年後の再雇用も積極的に行い幅広い層が活躍できる場を提供しています。
  • ストックオプションを正社員に限らず付与し、企業の成長が働く個人のモチベーションアップに繋がるような制度を整えています。
  • 当社で取り扱う備品及び検査キットを環境に配慮した物に変更し廃棄物を削減、再利用を促進しています。
  • N-NOSE at home運用時のルート見直しによる温室効果ガスの削減に努めています。
  • 社内業務のペーパーレス化を推進しています。