研究実績

学会発表

2019
7月

口頭発表N-NOSE(Nematode-Nose)を用いたがんスクリーニンングの検証

*榎本基樹, 稲葉聡, 矢吹英彦, 井上充貴, 大江成博, 下園直樹, 延時彩代, 小野奈津子, 魚住隆行, 広津崇亮

第60回日本人間ドック学会学術大会

7月

招待発表特別講演3 線虫がん検査N-NOSEの発明と実用化

広津崇亮

第60回日本人間ドック学会学術大会

6月

一般講演線虫がん検査 N-NOSE の実用化を目指して

下園直樹

第19回日本抗加齢医学会

6月

一般講演シンポジウム2 進化する尿中疾患マーカー

魚住隆行

日本獣医臨床病理学会2019年大会

6月

ポスター発表「線虫 C. elegans の走性行動を利用したがんスクリーニング評価」

杉本敏美

第26回日本がん予防学会

5月

招待講演「線虫がん検査『N-NOSE』の実用化に向けて」

広津崇亮

第68回 日本医学検査学会in下関

5月

口頭発表線虫がん検査N-NOSEの最新研究と新規技術開発

魚住隆行

第1回 日本生物診断研究会

5月

一般講演生物センサー:線虫

広津崇亮

第1回 日本生物診断研究会

4月

招待講演線虫がん検査N-NOSEの実用化に向けて

広津崇亮

酵素工学研究会 第81回 講演会

口頭発表国際N-NOSE: 1st screening technology for cancer using nematode olfaction

Matsunaga Y.

6th Annual US Japan Workshop on Cancer Biomarkers

2018
10月

口頭発表Nematode-NOSE(N-NOSE)は高精度な早期がん検出法である

新原亨

第36回 日本大腸検査学会総会

2017
Nov.

招待講演国際N-NOSE: Cancer screening from early phase with a drop of urine using C. elegans

Hirotsu T.

Brisbane Cancer Conference 2017

9月

招待講演線虫がん検査N-NOSEの発明と実用化

広津 崇亮

日本安定同位体・生体ガス医学応用学会大会

9月

招待講演線虫がん検査N-NOSEの発明と実用化

広津 崇亮

埼玉大腸疾患研究会

9月

招待講演生物の嗅覚を用いてがんを検査する手法N-NOSEの発明と実用化

広津 崇亮

生物化学的測定研究会

2016
11月

招待講演線虫によるがんの早期診断

*広津 崇亮

消化器内視鏡学会

10月

招待講演線虫によるがん早期発見

*広津 崇亮

日臨技関甲信支部医学検査学会

10月

招待講演線虫の嗅覚を利用したがん診断の未来

*広津 崇亮

アロマサイエンスフォーラム

9月

招待講演線虫嗅覚を利用したがん診断システムの開発

*広津 崇亮

第14回医療機器フォーラム

7月

招待講演線虫の嗅覚を用いた尿一滴でのがん診断

*広津 崇亮

「驚異の動物イノベーション」バイオインダストリー協会

5月

招待講演線虫嗅覚によるがん診断の発見と未来

広津 崇亮

日本臨床プロテオーム研究会

3月

招待講演A highly accurate cancer diagnosis system using nematode scent detection (n-nose)

*Takaaki Hirotsu

AMED-NIH cancer workshop

1月

招待講演尿1滴でのがん診断

*広津 崇亮

第18回 UTPシンポジウム

2015
11月

線虫嗅覚を用いた網羅的高精度がんスクリーニング法

園田英人、広津崇亮(7人中2番目)et al

日本癌学会

10月

C. elegans嗅覚を用いた網羅的高精度がんスクリーニング法

園田英人、広津崇亮(16人中2番目)et al

日本癌治療学会

9月

招待講演線虫嗅覚によって尿1滴で早期がんを診断する方法

広津 崇亮

公益財団法人ひと・健康・未来研究財団 未来研究会

9月

招待講演尿1滴でがん診断、線虫の嗅覚で実現

*広津 崇亮

がん診断の最先端イノベーション(日経デジタルヘルス)

8月

招待講演線虫の嗅覚とその利用

*広津崇亮

日本進化学会

7月

招待講演線虫によって尿1滴で早期がんを診断する方法の開発

*広津 崇亮

九州大学学術研究都市情報交流セミナー(OPACK)

7月

口頭発表国際A novel method for Time- and Cell-specific RNAi reveals the temporal role of Ras in the motor neurons controlling exploratory behavior

Hamakawa M., Uozumi T., Ueda N., Iino Y., *Hirotsu T.

Neuro2015

7月

口頭発表国際The analysis of the neuropeptide signaling in the neural circuit-dependent odor adaptation

Ueda N, Matsuo T, *Hirotsu T

Neuro2015

6月

口頭発表国際A novel method for time- and cell-specific RNAi revealed the profile of Let-60Ras in exploratory behavior

Hamakawa M., Uozumi T., Ueda N., Iino Y., *Hirotsu T.

International C. elegans meeting

2014
12月

招待講演国際A highly accurate cancer diagnosis system using C. elegans scent detection

*Hirotsu T, Sonoda H, Uozumi T, Mimori K, Maehara Y, Hamakawa M

12th ISMNTOP

12月

国際Switching of olfactory receptors depending on odor concentrations in C. elegans

Taniguchi G, Hamakawa M, Uozumi T, Kiriyama K, Kamizaki T, *Hirotsu T

12th ISMNTOP

12月

国際The neural circuit mechanisms regulating olfactory preference change (olfactory central adaptation) after odor experience in C. elegans

Ueda N, Matsuo T, *Hirotsu T

12th ISMNTOP

12月

電位依存性アニオンチャネルVDAC-1は線虫C. elegansの嗅覚シグナル伝達において重要な働きを持つ

魚住隆行、出野結己、*広津崇亮

日本分子生物学会

11月

電位依存性アニオンチャネルVDAC-1は線虫C. elegansの嗅覚シグナル伝達において重要な働きを持つ

魚住隆行、出野結己、*広津崇亮

味と匂学会

11月

匂いの濃度に依存した嗅覚受容体の使い分け機構の解明

谷口群、濱川昌之、魚住隆行、桐山恵介、紙崎智子、*広津崇亮

味と匂学会

9月

匂い経験による嗜好性変化に関わる神経回路機能の解析

上田奈央子、松尾拓也、*広津崇亮

日本遺伝学会

7月

口頭発表国際A novel method, time- and cell-specific RNAi, revealed the function of Ras in neurons regulating exploratory behavior oral presentation

Hamakawa M., Uozumi T., Ueda N., Iino Y., *Hirotsu T.

Neuro2014

6月

国際Analysis of functions of LET-60Ras in regulation of exploratory behavior by a novel method, time- and cell-specific RNAi.

Hamakawa M., Uozumi T., Ueda N., Iino Y., *Hirotsu T.

The 6th Asia-pacific C. elegans Meeting

2013
12月

線虫C. elegansの行動制御にはRas-MAPK経路によるグルタミン酸レセプターの局在制御が重要である

濱川昌之、飯野雄一、*広津崇亮

日本分子生物学会

12月

線虫C. elegansを用いた中枢系嗅覚順応を担う神経回路の解析

松尾拓也、*広津崇亮

日本分子生物学会

12月

線虫C. elegansを用いた、匂いが体内の生理機能に与える効果の解析

松尾拓也、清水邦義、岡本剛、*広津崇亮

日本分子生物学会

11月

招待講演国際The Ras-MAPK pathway plays multiple roles in the olfactory systems of C. elegans.

*Hirotsu T.

World Gene Convention

6月

口頭発表国際Screening of odor-receptor pairs reveals concentration-dependent switches in olfactory receptors

Uozumi T., Taniguci G., Kiriyama K., Kamizaki T., *Hirotsu T.

Neuro2013

6月

国際The Ras-MAPK pathway is important for foraging behavior in C. elegans

Hamakawa M. Iino Y., *Hirotsu T.

Neuro2013

4月

招待講演国際The Ras-MAPK pathway plays important roles in the olfactory systems of C. elegans.

*Hirotsu T.

World DNA and Genome Day

2012
12月

口頭発表羅的RNAiにより明らかにする線虫C. elegansの嗅覚受容体と匂い物質の対応

谷口群、魚住隆行、桐山恵介、紙崎智子、佐藤則子、*広津崇亮

日本分子生物学会

12月

線虫C. elegansを用いた中枢系嗅覚順応を担う神経回路の同定

松尾拓也、*広津崇亮

日本分子生物学会

12月

線虫C. elegansの摂食行動におけるRas-MAPK経路の働き

濱川昌之、飯野雄一、*広津崇亮

日本分子生物学会

12月

In vivoイメージングによって明らかにする素早いRasの活性変化の嗅覚行動への重要性

魚住隆行、*広津崇亮、吉田和史 、 山田龍司、 鈴木暁也、飯野雄一、石原健

日本分子生物学会

9月

口頭発表国際In vivo Imaging Reveals Regulatory Mechanisms and Functions of Ras Activity in Olfactory Neurons

Uozumi T., *Hirotsu T., et al.

Neuroscience2012

9月

口頭発表線虫C. elegansを用いた中枢系嗅覚順応を担う神経回路の同定

松尾拓也、*広津崇亮

日本遺伝学会

9月

口頭発表線虫C. elegansの摂食行動におけるRas-MAPK経路の働き

濱川昌之、飯野雄一、*広津崇亮

日本遺伝学会

9月

口頭発表網羅的RNAiによる線虫C. elegansの嗅覚受容体と匂い物質の対応関係の解析

谷口群、桐山恵介、紙崎智子、佐藤則子、*広津崇亮

日本遺伝学会

6月

国際Neuronal mechanisms underlying olfactory preference change depending upon odor concentration

Yoshida K., *Hirotsu T., et al.

ISOT(International Symposium on Olfaction and Taste)

6月

口頭発表国際Systematic identification of olfactory receptors for odorants

Taniguchi G., Kiriyama K., Kamizaki T., Noriko Sato and *Hirotsu T.

East Asia Worm Meeting

6月

口頭発表国際In vivo Imaging of Ras Activity in Olfactory Neurons Suggests its Transient Activation is Important for Olfactory Behavior

Uozumi T., *Hirotsu T., et al.

East Asia Worm Meeting

2011
12月

口頭発表In vivo imaging of Ras activity in olfactory neurons suggests its transient activation is important for olfactory behavior

魚住隆行、*広津崇亮、et al.

日本分子生物学会

12月

口頭発表Systematic identification of olfactory receptor for odorants in C. elegans

谷口群、桐山恵介、紙崎智子、佐藤則子、石原健、*広津崇亮

日本分子生物学会

9月

口頭発表国際In vivo imaging of Ras activity in olfactory neurons suggests its transient activation is important for olfactory behavior

Uozumi T., *Hirotsu T., et al.

Neuroscience2011

9月

国際Coordinated change of acting sensory neurons is important for olfactory preference change depending upon odor concentration

Yoshida K., *Hirotsu T., et al.

Neuroscience2011

6月

口頭発表In vivo imaging of Ras activity in olfactory neurons suggests its transient activation is important for olfactory behavior

*広津崇亮、et al.

日本細胞生物学会

6月

国際Olfactory preference switch depending on odor concentration is mediated by combinatorial change of acting sensory neurons

Yoshida K., *Hirotsu T., et al.

International Worm Meeting

2010
12月

線虫C.elegansの嗅覚神経におけるRasの活性化のライブイメージング

魚住隆行、*広津崇亮、et al.

BMB2010

12月

線虫C.elegansにおける嗅覚受容体の網羅的解析

*広津崇亮、et al.

BMB2010

8月

招待講演線虫C. elegansの嗅覚神経におけるRasの活性化のライブイメージング

*広津崇亮、et al.

イメージングワークショップ

7月

国際Neural and Behavioral Mechanisms of Response to an Odorant Depending on its Concentration.

Yoshida K., *Hirotsu T., et al

East Asia C. elegans Meeting

7月

招待講演国際Ascaroside Pheromones Regulate Olfactory Plasticity through the SNET-1 Peptide.

Yamada K., Hirotsu T., et al.

East Asia C. elegans Meeting

7月

口頭発表国際Live imaging of Ras activity in olfactory systems in C. elegans.

Uozumi T., *Hirotsu T., et al.

C. elegans Neuro

7月

国際Neural and Behavioral Mechanisms of Response to an Odorant Depending on its Concentration.

Yoshida K., *Hirotsu T., et al.

C. elegans Neuro

7月

口頭発表国際Ascaroside Pheromones Regulate Olfactory Plasticity through the SNET-1 Peptide.

Yamada K., Hirotsu T., et al.

C. elegans Neuro

2009
12月

線虫の嗅覚系におけるRasの活性化のライブイメージング

魚住隆行、*広津崇亮、et al.

日本分子生物学会

11月

口頭発表国際Live imaging of Ras activity in olfactory neurons in C. elegans.

*Hirotsu T., et al.

International Symposium on Cellular Signaling

6月

口頭発表国際Olfactory adaptation is regulated by a peptide signal in C. elegans.

Yamada K., Hirotsu T., et al.

International C. elegans Meeting

6月

国際Systematic identification of specific receptors for odorants in C. elegans.

Kiriyama K., *Hirotsu T., et al.

International C. elegans Meeting

6月

国際Live imaging of Ras activity in olfactory neurons in C. elegans.

*Hirotsu T., et al.

International C. elegans Meeting

2008
12月

線虫C. elegansの神経回路を介した嗅覚順応機構の分子遺伝学的解析

前田恭介、*広津崇亮、et al.

BMB2008

2007
12月

線虫の神経回路レベルで成立する嗅覚順応の分子メカニズム:Ras-MAPK経路によるグルタミン酸受容体の制御

広津崇亮、et al.

BMB2007

12月

線虫C.elegansの嗅覚系におけるRas-MAPK経路の下流の探索

平江彰伍、*広津崇亮、et al.

BMB2007

6月

線虫C. elegansの嗅覚応答を制御するG蛋白質シグナル

*広津崇亮、et al.

Neuro2007

2006
11月

国際GLR-1 glutamate receptor is regulated by the Ras-MAPK pathway in neural circuit-dependent odor adaptation.

Hirotsu T., et al.

East Asia C. elegans Meeting

2005
12月

口頭発表線虫C. elegansの神経回路レベルで成立する嗅覚順応の分子メカニズム

広津崇亮、et al.

日本分子生物学会

12月

口頭発表線虫C. elegansの神経回路レベルで成立する嗅覚順応の分子メカニズム

広津崇亮、et al.

日本分子生物学会

10月

口頭発表線虫C. elegansの嗅覚順応のメカニズム:Ras-MAPK経路によるグルタミン酸受容体の制御

広津崇亮、et al.

日本遺伝学会

6月

国際The Ras-MAPK pathway controls neural circuit-dependent odor adaptation by regulating localization of glutamate receptors in C. elegans

Hirotsu T., et al.

International C. elegans Meeting

2004
6月

口頭発表The Ras-MAPK pathway controls neural circuit-dependent odor adaptation by regulating localization of glutamate receptors in C. elegans

Hirotsu T., et al.

Neuro2004

2003
12月

口頭発表線虫の嗅覚可塑性のメカニズム:Ras-MAPK経路によるグルタミン酸受容体の局在の制御

広津崇亮、et al.

日本分子生物学会

10月

口頭発表線虫C. elegansの嗅覚可塑性におけるRas-MAPK経路の機能の解析

広津崇亮、et al.

日本遺伝学会

2002
12月

線虫の嗅覚系におけるRas-MAPK経路の多彩な働き

広津崇亮、et al.

日本分子生物学会

7月

口頭発表The Ras-MAPK signal transduction pathway is important for olfactory plasticity.

Hirotsu T., et al.

Japanese Worm Meeting

7月

国際The Ras-MAPK pathway acts in interneurons for olfactory plasticity.

Hirotsu T., et al.

West Coast Worm Meeting

2001
12月

線虫の神経系におけるRas-MAPK経路の多彩な働き

広津崇亮、et al.

日本分子生物学会

2000
12月

国際THE RAS ⁄ MAP KINASE PATHWAY IS INVOLVED IN OLFACTION IN CAENORHABDITIS ELEGANS.

Hirotsu T., et al.

Annual Meeting of Society for Neuroscience

12月

口頭発表線虫のRas-MAPK経路の嗅覚における可塑性への関与

広津崇亮、et al.

日本分子生物学会

8月

口頭発表The Ras-MAPK signal transduction pathway plays multiple roles in chemotaxis to odorants.

Hirotsu T., et al.

Japanese Worm Meeting

6月

国際Multiple roles for the Ras-MAPK signal transduction pathway in chemotaxis to odorants?

Hirotsu T., et al.

West Coast Worm Meeting

6月

線虫のRas-MAPK経路の嗅覚可塑性への関与

広津崇亮、et al.

日本神経科学学会

1999
12月

線虫C. elegansの嗅覚におけるRas-MAPキナーゼシグナル伝達系の働き

広津崇亮、et al.

日本分子生物学会

6月

国際Novel functions of the Ras-MAPK signal in neurons of C. elegans.

Hirotsu T., et al.

International C. elegans meeting

1998
12月

線虫C. elegansの嗅覚へのRas-MAPキナーゼシグナル伝達系の関与

広津崇亮、et al.

日本分子生物学会