Focusing

1次スクリーニング検査

〝最初に受けるがん検査〟線虫がん検査『N‐NOSE』

現在、がん検査は、5大がん検査、CT、MRI、エコー、PET‐CTなどが存在しますが、「安価」「全身網羅的」「簡便」「高精度」「早期発見が可能」「苦痛がない」という利点を併せ持つ〝1次スクリーニングがん検査〟はありません。

線虫がん検査『N‐NOSE』は、上記の利点をすべて満たす、これまでにない全く新しい検査です。全身網羅的にがんの有無が調べられるので、陽性だった場合のみ次のステップ(精密検査)へ進み、陰性なら他の様々な検査は受けずに済むという利点もあります。

※陰性の場合は、その後も定期的にN-NOSE検査を受けることで、万が一がんになっても早期発見することができ、治療や医療費の負担を劇的に減らすことができます。

嗅覚受容体
1200種類
ヒトの3倍! 犬より多い、線虫の嗅覚受容体

『N-NOSE』は、当社代表の広津がC. elegansという線虫を用いた嗅覚研究を約20年間続ける中で、技術を確立させた検査法です。

生物が匂いを感じるとき、体内では嗅覚神経の嗅覚受容体が匂い物質を受け取り、その情報が神経回路を介して脳へ運ばれるという現象が起きていますが、この嗅覚受容体の数はヒトで約400種類、嗅覚が優れているといわれる犬で約800 種類、線虫は犬よりも多い約1200種類あるので、線虫は匂いを嗅ぎ分ける能力が際めて高いと言えます。

N-NOSE検査は、線虫が好きな匂いには誘引され、嫌いな匂いには忌避行動を起こすという行動の特性を利用したもので、複数の線虫を用いて実験を行い、誘因と忌避の割合(走性インデックス)を測ることで結果を導き出します。

検診率
41.4%34.5%
改善が望まれる、日本のがん検診受診率

 日本では年間36万人以上の人が、がんで亡くなっています。これは死因の1/3を占め、がんは日本の国民病と言っても過言ではありません。がんの進行度合いを表すステージごとの5年生存率を見てみると、大腸がんでは、がん治療は早期発見、早期治療が有効であり、治らない病気ではないことがわかります。日本のがん検診の受診率は40%程度と低くとどまっているため、これを向上させることが望まれています。

体長
1ミリ
体長わずか1ミリの線虫を利用する理由

上記に示したような線虫の特徴は、実験を行う上で大きなメリットがあり、世界中の多くの研究者が様々な生命現象を解明するために線虫を用いて研究を行っています。N-NOSE検査においては、線虫が嗅覚に優れている(がんの匂いに寄っていく特性を持つ)ことだけでなく、成育コストが低く管理し易いこと、遺伝子操作が行い易いこと等も、利用に値する大きな理由となっています。

線虫については、こちらでも詳しくご紹介しています。