世界展開を目的に豪州クイーンズランド工科大と共同臨床研究開始

PDFはこちら ⇒ NEWS_RELEASE

線虫がん検査『N-NOSE』の世界展開を目的とした
研究プロジェクトがスタート

HIROTSUバイオと豪州クイーズランド工科大学が共同臨床研究を開始

株式会社HIROTSUバイオサイエンス(東京都港区 代表取締役:広津崇亮、以下ヒロツ
バイオ)は、オーストラリア・クイーンズランド州政府の支援を受け、ブリスベンにあるク
イーンズランド工科大学(豪州クイーンズランド州 以下、QUT)と、線虫がん検査NNOSE
の共同研究プロジェクトに合意。ヒロツバイオは、前立腺癌、大腸癌、肺癌、乳癌に
焦点を当て、オーストラリアの住民から尿サンプルを採取し臨床試験を行う。
この臨床研究の目的の一つに、これまで日本国内での臨床研究を継続してきたが、事業のグ
ローバル化を進める上で、人種特性の差異(食生活、環境など)が、線虫の走性行動にどの
ような影響を与えるかの検証がある。臨床試験の結果は4月ごろを予定している。

現在、オーストラリアのクイーンズランド州は「生物医学10年ロードマップ」を掲げ、特
にバイオサイエンスの分野で大きな進歩を遂げている。今回この計画の注目技術として線虫
がん検査N-NOSEが推奨され、QUTとの共同研究合意に至った。N-NOSEは、線虫という驚
異的な嗅覚能力を備えた生物を利用し、安いコストで高感度、尿一滴からがんの有無をスク
リーニングする世界で初めての生物診断技術(ヒロツバイオの独占技術)。臨床試験の後は、
アジア、オセアニア、北米、およびヨーロッパで、事業化のマーケティングを行う。実用化
は2020年1月を予定。

■クイーンズランド工科大学(QUT) https://www.qut.edu.au/
QUTは、国内で最も急成長を遂げている研究大学の一つであり「実社会への即戦力が身につ
く大学」を教学の精神としたオーストラリアの主要大学。そのコースは高い需要があり、学
位は国際的に評価され、様々な分野で卒業生が活躍。世界初のCreative Industries Faculty
を設立し、共同学習や学際的な研究環境に大きく投資を行なっている。

■健康と生物医学イノベーション研究所(IHBI)
IHBI(Institute of Health and Biomedical Innovation)は、最先端の医療および健康研究
ソリューションを提供するQUTをベースにした共同研究機関。

最近の投稿

アーカイブ

PAGE TOP