線虫がん検査『N-NOSE』

線虫行動解析技術と臨床研究成果でがん早期発見の実現に貢献します。

私たちHIROTSUバイオサイエンスは、世界最先端の線虫行動解析技術を有し、がん患者の尿に含まれる、がん特有の微量な匂い物質を検知するがん検査法『N-NOSE(エヌ・ノーズ)』の実用化を目指しています。

この『N-NOSE』は、線虫ががん患者の尿に誘引され、健常者の尿には忌避する特性(化学走性)を利用した検査方法です。
簡便で安価な検査方法でありながら、 多種類のがん検知、さらには早期発見も可能という優れた特長を持ち、がん患者を「がん」と判定する感度が約90%と極めて高精度であることが最新の臨床研究の結果より示されています。
実用化は2020年1月を予定しており、検査料金は数千円になる見込みです。

【線虫が反応することが分かっているがん種(2018年9月現在)】

胃がん、大腸がん、肺がん、乳がん、子宮がん、膵臓がん、肝臓がん、前立腺がん、食道がん、
卵巣がん、胆管がん、胆のうがん、盲腸がん、腎臓がん、膀胱がん などを含む18種類のがん

①苦痛がない 尿サンプルを解析します。必要な尿はわずか1滴です。
②簡便 尿の採取に食事などの特別な条件は定めておらず、通常の健康診断などで採取した尿を使うことができます。
③早い 検査結果が出るまで約1時間。
④安価 検査システムのコストも安価であり、開発途上国での導入も期待できます。
⑤がんスクリーニング これまでに調べた18種類程度のがんについて全て検知可能。その中には早期発見が難しい膵臓がんも含まれています。
⑥早期発見 ステージ0、1の早期がんでも高感度でした。
⑦高感度 感度約90%

『N-NOSE』が社会実装されれば、がん検診の受診率の向上に繋がり、またがんが早期で見つけられるようになるので、がん死亡者数の激減、医療費の削減等が見込めます。私達は一刻も早い実用化に向けて開発を進めると共に、さらなる技術開発のための基礎研究も行って参ります。